バレエボディトレーナー・IMURA

バレエのレッスンで膝を伸ばす!

バレエの床を押すのと膝を伸ばすは同じ!

バレエのレッスン中に、床を押すとよく言われます。バレリーナの場合は、トゥシューズで踊っているときのイメージで考えて欲しいと思います。バレエシューズで踊っているときに、足の指を曲げて使い床を押して踊っていませんか?

その指の中で、親指が一番強く使われていませんか?

バレエの基本で、指は伸ばしましょう!とレッスンで言われますね!

その理由は、指を曲げて床を押すと、身体の仕組みにより膝が曲がるようになっています。

ルルベをしているときに膝が伸びない理由の一つです。

それから、足の指を曲げて床を掴もうとすると、バレエシューズの時に、高いルルべができません。

それと、指を曲げて床を押す事に慣れていると、トゥシューズの時にもトゥシューズの中で指を曲げてポアント立とうとしてしまいます。

そうすると、膝は曲がっている事になります。

バレエの床を使うという使い方は、足の指を床に対して掴むのではなく、床に対して足裏が大きくなる。足指は床に対して伸びて使う感覚です。

ポアント・トゥシューズの先端に立つ為には、床で伸びた足指を伸びた状態から押す事でトゥシューズがしなり、先端に立つことが出来るようになっています。トゥシューズはとても良くできています。そのトゥシューズの仕組みに合わせて、足指を使うことがバレエの基本の足指の使い方です。

そのときの、タイミングが大切です。全身のリズムを合わせて身体を順番に使えるようにする事が美しい踊りになります。

そんなタイミングのお話しもこのサイトでお伝えしていきたいと思います。

少し足の指を感じるながら、lessonしてみて下さい。

このページは、バレエボディトレーナーが、バレエの身体の正しい使い方、踊り方を、ここだけの話としてわかりやすくお伝えしています。

バレエボディトレーナー・IMURAの詳しくは下記をご案内をご覧ください⇓

バレエボディトレーナー・IMURAのごあいさつ、お店案内、予約受付、料金、地図、バレエ整体、アンディオールトレーニング、バレエ基本レッスン、身体の使い方の解説ブログ

バレエボディトレーナー・IMURA(兵庫県西宮市)へ、お越しに慣れない方!このサイトにバレエの身体の正しい使い方、ブログ記事をご覧下さい⇩

MeKu0 BALLET COMPANY メクマルバレエカンパニー、バレエボディトレーナー、バレエ整体、バレエ身体の使い方、トップページ