バレエの指・手首・肘・肩・肩甲骨の身体の解剖学(大人からバレエ)

大人からバレエを始めた方は、今までの日常の生活での、軸・身体の使い方、関節の稼働範囲、筋肉の伸縮など、バレエを踊る事が出来ない状態の身体だという事を知って下さい。

大人のバレエは、まずはこの違いを理解して準備していく事が、バレエを美しく踊る為に大切なポイントです。 大人の骨格は20歳ごろに完成して、そこから地球の重力の中で生活している年数によって、関節に負担が徐々たまっています。 睡眠など休めることで回復します。栄養など食事も骨を回復させたり強くします。

運動によって筋肉が強化されて、関節の負担を軽減することもできます。 今まで、どのように生活して身体を使って来られたかによって違いがあります。

バレエを美しく踊る為には、筋肉よりも骨・関節が大切です。足裏・足首、膝、股関節、腰椎・胸椎・頸椎の脊椎、肩関節、肘関節、手首、指関節などの状態が良いかどうかがポイントになります。 特に、足指・足首、膝関節、股関節、と下肢の関節を過去にケガされたことがある場合は、ゆっくりと無理のないように、バレエを始めて頂きたいと思います。 次に、腰や背中、肩関節などの凝りや痛みなどを経験されている方も、決して無理をされないようにレッスンされることをお勧めします。

肩や、手首、指先の調子が悪い方もいらっしゃると思います。そんな方は無理にストレッチなどしないで、痛くない範囲、無理のない範囲で、レッスンしていくようにしてください。 身体に不安がある方は、バレエボディトレーナーにご相談ください。

足裏・甲・足首の身体の仕組みを覚えてチェックしてほしいと思います。 指先の使い方や腕の伸ばし方などは、バレエを踊る・表現する為にとても大切です。美しいプロの踊りを見て、上半身の真似をする事をお勧めします。 それから人の前で踊る、バレエの衣装で踊る、バレエの舞台を発表会などでみんなで一緒に踊る・創る経験をする、バレエが大好きになるようにレッスンして欲しいです。

指・手先 指・手は、曲げ伸ばしがしっかりとできているかが大切です。通常はグーチョキパーが出来ると思います。1本ずつ10本、伸ばしたり曲げたりして、思うように動かしてほしいと思います。思うように動けば大丈夫です。

手首 屈曲と伸展と回旋と外転と内転と、思うように動かす事ができるか、左右・動かしてみて下さい。動けば大丈夫です 肘 屈曲と伸展と回旋が出来れば大丈夫です。 少し伸展の角度が大きい場合があります(一般的にサル手・腕などと言われています)心配される事はありません。ただし痛みなどがある場合は無理に伸ばさないで下さい。 肩 身体の中で360度と動かす事ができる唯一の関節です。スムーズに動かす事が出来れば大丈夫です。 肩の関節は、腕の骨と肩甲骨の外側にある受皿とで関節になっています。

肩関節は、股関節と同じようになっています。 骨盤と股関節の仕組みを見た時に思い出してほしいと思います。肩関節・腕と、股関節・脚は、お互いにバランスを取り合っています。 美しく踊る為に大切なバランスです。この腕と脚をコントロールする事がとても大切だという事も覚えておいてほしいと思います。 それから、今の肩関節がどれぐらい動くのかをチェックしておかれると良いと思います。鏡で見たり、写真を撮ってみると良く分かります。 腕を上げる、後ななめに上げる、横に伸ばすなど、これから美しく魅せる角度へコントロールする事が必要になります。好きなように動かしたり、反動の為に動かす事をしてはいけません。 しっかりと使い方を学んでコントロールできるようになるために、無理の無いように動かしていきましょう。

受付中! バレエボディトレーナーと一緒にバレエを美しく踊る身体と使い方を手に入れましょう!

このブログは、バレエボディトレーナー・IMURAが、バレエの身体の正しい使い方を解説しています。

バレエボディトレーナー・IMURAでは、バレエ整体&バレエの身体の正しい使い方レッスン(バレエ基本)で、バレリーナさんを応援しています。

詳しくは下記をご覧下さい⇩

LINE・予約・ご相談 OK

LINE・予約受付させて頂きます。まずは友達登録をお願い致します。

友だち追加


メール・予約・ご相談 OK

@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jp @i.softbank.jp の場合、メール設定で imu3bbt@gmail.com が受信設定して下さい。パソコンのメールアドレス Gmail Yahoo Outlook などのフリーメールアドレスは大丈夫です。

関連記事